Story 02

お客様から、
「こんなに立派な家をつくってくれて
ありがとう」と言っていただけるのが
やりがいです。

寺澤 悠斗

TERASAWA YUTO

工事管理部 
中信エリア担当 / 2018年入社

scroll
Terasawa Yuto Interview

今経験していることを
下の世代に伝えていけるように
なるのが目標です。

  • Question.01

    APHグループへ入社をしようと思った
    きっかけは?

    在学していた専門学校の卒業生に、APHグループで働いている先輩がいて、
    そのつながりで学校側から紹介されたのがきっかけです
    ショールームを案内してもらったときに「これだけ熱意を持って仕事をしている人達がいるんだ」
    というところに惹かれ、一緒に仕事をしたいと思うようになりました。

    営業プランナー、工事監督問わず全員が、アルプスピアホームの家の構造・仕様について
    理解しているところはすごいなと思いました。

  • Question.02

    普段はどのような業務を行っていますか?

    私が担当しているのは工事管理という仕事です。
    営業とお客様とが打ち合わせをして作成した図面を、実際に形にしていくのが
    工事管理の仕事になります。

    工事が始まってからは、現場に入る職人さんとコミュニケーションをとったり
    それから進捗に応じてお客様とも連絡を取ったりしています。
    また、工事がスケジュール通りに進んでいるか、
    現場が図面通りにできているかの確認も行っています。

  • Question.03

    お客様と触れ合う機会はありますか?

    工事が始まってからは、お客様は自分の家づくりが
    どのくらい進んでいるのかを楽しみに待っています。

    そんなお客様に対してLINEを使って写真をお送りしたり、
    電話で連絡をしたりなど、より一層喜んでいただけるような取り組みをしています。

    Question.04

    仕事のやりがいと
    今後の目標を教えてください!

    お客様とお会いする機会が一番多いですし、お引き渡しの際に、
    お客様から「こんなに立派な家をつくってくれてありがとう」と感謝の言葉をいただけること、
    それから社外の職人さん、パートナーさんと一緒にお家をつくっていけるというところを
    やりがいに感じています。

    今後の目標は、先輩スタッフと同じクオリティで
    工事管理ができるようになることです。
    今経験していることを下の世代にも伝えていけるように、
    いずれはリーダーなどの立場に立ちたいと思っています。

  • Question.04

    仕事のやりがいと
    今後の目標を教えてください!

    お客様とお会いする機会が一番多いですし、お引き渡しの際に、お客様から「こんなに立派な家をつくってくれてありがとう」と感謝の言葉をいただけること、それから社外の職人さん、パートナーさんと一緒にお家をつくっていけるというところをやりがいに感じています。

    今後の目標は、先輩スタッフと同じクオリティで工事管理ができるようになることです。
    今経験していることを下の世代にも伝えていけるように、いずれはリーダーなどの立場に立ちたいと思っています。