松本、諏訪から長野県全体へ。
一級建築士を取得し、より高品質な家を設計するのが夢。

「設計」という責任ある
仕事を、真摯にやり抜く。

所属店舗

設計担当

坪井 伽央理

2014年 入社

  • 住宅業界を目指して行った就職活動。
志望理由は、人を大切にする会社の雰囲気。

    住宅業界を目指して行った就職活動。
    志望理由は、人を大切にする会社の雰囲気。

    私は大学で建築学部に所属していたこともあり、就職活動では住宅業界を志望していました。木造の建築がやりたくて、長野か北海道の会社に入りたいと思っていたのですが、参加した合同会社説明会で、アルプスピアホームのことを知りました。「楽しそうな雰囲気のある会社だな」と思ったことをよく覚えています。その合同説明会の時に社員さんから「ありのままでいいよ」と言っていただき、入社を決めました。

  • 困っているのを察して
声をかけてくれる先輩。
社員は社長も役員もフレンドリー。

    困っているのを察して
    声をかけてくれる先輩。
    社員は社長も役員もフレンドリー。

    アルプスピアホームの社員は、選考の時に相槌を打ちながら真剣に話を聞いて下さり、「自分と真剣に向き合ってくれているのだな」ということが良く伝わってきました。人と会社の雰囲気が良かったことが、入社の決め手です。
    実際に入社をしてみると、自分が想像していた以上に社員の方がフレンドリーで、社長や役員もすごく話やすいと感じました。業務でわからないことがあれば、いつも隣に座っている女性の先輩が困っているのを察して、丁寧に指導して下さいます。先輩が気にかけてくれるのは、業務を行う上で非常にありがたいです。

  • 図面の最終チェックという責任ある仕事。
お客様と対面しての打ち合わせも設計の醍醐味。

    図面の最終チェックという責任ある仕事。
    お客様と対面しての打ち合わせも設計の醍醐味。

    私は設計担当なので、基本的には事務所で仕事をすることが多いです。具体的な業務内容としては、役所への確認申請書類の提出や、実際にお客様と対面しての打ち合わせなどがあり、法的な部分や設計図面の最終チェックなど責任ある仕事を任せていただいてます。また、以前見学会の時に経理や総務の方も総出で営業のお仕事をさせていただいたこともあります。書類でお名前を拝見したことのあるお客様と実際にお会いして、間取りの話をあれこれしたことが楽しい瞬間です。

  • 失敗を乗り越えて得られた成長。
一見地味な業務でも、丁寧に真摯にこなす。

    失敗を乗り越えて得られた成長。
    一見地味な業務でも、丁寧に真摯にこなす。

    今設計だけではなく、書類などのチェックも私の大事な業務の一つです。一見地味に見える業務ですが、何千万円というお客様の大事な家を設計している以上、ちょっとしたミスでもしてはいけません。以前はちょっとしたミスが多く、関係者に迷惑をかけてしまいました。今ではミスも減り、自分の成長を感じることができています。一見地味に見える業務でも、気を抜かず丁寧にこなしていく姿勢が、設計には求められると思います。

  • 松本、諏訪から長野県全体へ。
一級建築士を取得し、より高品質な家を設計するのが夢。

    松本、諏訪から長野県全体へ。
    一級建築士を取得し、より高品質な家を設計するのが夢。

    アルプスピアホームは松本、諏訪地域では知名度がありますが、長野県全体で見るとまだまだ知名度が足りていません。そのため、アルプスピアホームを長野県全体で知られている住宅メーカーへとしていきたいです。個人目標として一級建築士の資格を取得し、お客様によりご満足いただける住宅を設計できるようになることが目標です。

アルプスピアホームは
「人柄採用」「本音採用」です。
未来を共に創る仲間を待っています。

2018.2019年卒エントリー受付開始
まずはリクナビからエントリーしてください。
ENTRY
リクナビエントリーへリンクします。